jocular-lawyer

■ 安部千春弁護士が、小倉タイムスに「ひょうきん弁護士」を連載中です。当ホームページでも掲載しています。 毎月1日、11日、21日にひょうきん弁護士が更新されます。


ひょうきん弁護士

No Image
● 17年11月11日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №202 八幡市民会館使用拒否事件 40時間の糾弾

北九州市は、日本共産党が解同に対していわれなき誹諦と中傷を加えることによって差別を助長させているという。そして […]

続きを読む


No Image
● 17年11月01日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №201 八幡市民会館使用拒否事件 事件の経過

日本共産党八幡遠賀地区委員会は昭和53年4月21日、同年5月26日午後5時から同10時までの間、八幡市民会館の […]

続きを読む


No Image
● 17年10月21日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №201 若松高校奨学金事件 ⑪ 判決Ⅱ

判決は次のようにも述べている。 「次に、被告が原告らの右申請につき決定をしないことが違法であるかどうかについて […]

続きを読む


No Image
● 17年10月11日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №200 若松高校奨学金事件 ⑩ 判決Ⅰ

当然私達は勝訴した。判決は以下の通りである。 「原告らが被告の再三の勧告にもかかわらず本件進学奨励金等の交付申 […]

続きを読む


No Image
● 17年10月02日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №199 若松高校奨学金事件 ⑨ 陳述書Ⅱ

夫太郎は昭和14年10月2日若松区波打地区で生まれました。太郎は6人兄弟の長男でした。太郎の父は馬車で石炭など […]

続きを読む


No Image
● 17年09月21日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №198 若松高校奨学金事件 ⑧ 陳述書Ⅰ

原告が裁判所に提出した陳述書は以下の通りです。 一、私は林真理子の妹で、林雪子の叔母になります。私たちは若松の […]

続きを読む


No Image
● 17年09月11日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №197 若松高校奨学金事件 ⑦ 証言Ⅲ 申請の方法

仰木課長の証言は続く。 (私)同和施策の申請用紙が北九州市では、解同の各地協にありますね。 「はい」 市の窓口 […]

続きを読む


No Image
● 17年09月01日 ひょうきん弁護士

“ひょうきん弁護士2 №196 若松高校奨学金事件 ⑥ 証言Ⅱ 窓口一本化の変更

仰木課長の証言は続く。 (私)北九州市と同じような方針をとっている地方公共団体がございますか。 「北九州市で方 […]

続きを読む


No Image
● 17年08月21日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №194 若松高校奨学金事件 ⑤ 証言Ⅰ 「関係団体とは」

北九州市の証拠は北九州市教育委員会学務部学事課長仰木忠幹の証言である。彼は北九州市の窓口一本化の方針が正しいこ […]

続きを読む


No Image
● 17年08月11日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №194 若松高校奨学金事件 ④ 窓口一本化

また、北九州市は解同の承認は対象地区住民であるかどうかのチェックであるから、それで差別することはない。全解連の […]

続きを読む