jocular-lawyer

■ 安部千春弁護士が、小倉タイムスに「ひょうきん弁護士」を連載していました。当ホームページでも掲載しています。


ひょうきん弁護士

No Image
● 18年02月21日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №212 土地ころがしその4 弁護料

裁判にはお金がかかる。一番かかるのは弁護料だ。私たち弁護士は弁護料をもらって裁判をしている。私の依頼者に金持ち […]

続きを読む


No Image
● 18年02月13日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №211 土地ころがしその3 谷市長の告発

昭和56年9月21日、私たちはついに刑法247条背任罪で谷市長を告発した。刑法172条には虚偽告訴罪があり、人 […]

続きを読む


No Image
● 18年02月01日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №210 土地ころがしその2 木村政男を告発

私たちは昭和56年9月14日、部落解放同盟小倉地区協議会書記長木村政男を所得税法238条1項違反で告発した。 […]

続きを読む


No Image
● 18年01月21日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №209 土地ころがしその1 発覚

小倉タイムスが同和がらみの土地ころがしを報道した。しかし悲しいかな、マスコミはどこも取上げず、無視した。この頃 […]

続きを読む


No Image
● 18年01月11日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №208 八幡市民会館使用拒否事件 強制執行

当然私達は勝訴した。 本件の主文は次のとおりである。 主文 一、被告は原告に対し、金144万9740円およびこ […]

続きを読む


No Image
● 18年01月01日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №207 八幡市民会館使用拒否事件 判決

判決では、北九州市の八幡市民会館使用拒否が違法であることを以下のとおり明確に判示している。 「被告は、原告が演 […]

続きを読む


No Image
● 17年12月21日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №206 八幡市民会館使用拒否事件 糾弾で差別はなくならない

結局のところ、ビラの内容はすべてが真実であるごとを認めている。認めていないのは、これがおどし糾弾であることであ […]

続きを読む


No Image
● 17年12月11日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №205 八幡市民会館使用拒否事件 注意をしなかったことが差別

「次に糾弾の理由についてお尋ねしますが、このビラでは、『小倉女子商業の場合、遅刻した同和地区の生徒に、みんなの […]

続きを読む


No Image
● 17年12月01日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №204 八幡市民会館使用拒否事件 糾弾を宣伝する方が悪い

「糾弾が行なわれた場所は市庁舎の大会議室ですね」 「はい、そうです」 「40時間近く、人を缶詰にして夜も帰さず […]

続きを読む


No Image
● 17年11月21日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №203 八幡市民会館使用拒否事件 医師を待機させて糾弾

「『つぎつぎとたたみかけて尋問式に追及し』とありますが、事実ですか」。 「はい、これはその前段で、高校で発行い […]

続きを読む