jocular-lawyer

■ 安部千春弁護士が、小倉タイムスに「ひょうきん弁護士」を連載中です。当ホームページでも掲載しています。 毎月1日、11日、21日にひょうきん弁護士が更新されます。


ひょうきん弁護士

No Image
● 17年09月11日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №197 若松高校奨学金事件 ⑦ 証言Ⅲ 申請の方法

仰木課長の証言は続く。 (私)同和施策の申請用紙が北九州市では、解同の各地協にありますね。 「はい」 市の窓口 […]

続きを読む


No Image
● 17年09月01日 ひょうきん弁護士

“ひょうきん弁護士2 №196 若松高校奨学金事件 ⑥ 証言Ⅱ 窓口一本化の変更

仰木課長の証言は続く。 (私)北九州市と同じような方針をとっている地方公共団体がございますか。 「北九州市で方 […]

続きを読む


No Image
● 17年08月21日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №194 若松高校奨学金事件 ⑤ 証言Ⅰ 「関係団体とは」

北九州市の証拠は北九州市教育委員会学務部学事課長仰木忠幹の証言である。彼は北九州市の窓口一本化の方針が正しいこ […]

続きを読む


No Image
● 17年08月11日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №194 若松高校奨学金事件 ④ 窓口一本化

また、北九州市は解同の承認は対象地区住民であるかどうかのチェックであるから、それで差別することはない。全解連の […]

続きを読む


No Image
● 17年08月01日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №193 若松高校奨学金事件 ③ 不作為の違法確認の訴え

原告らの要求は奨学金を支給してもらいたいということである。従って裁判としても、奨学金を支給せよという裁判を提訴 […]

続きを読む


No Image
● 17年07月21日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №192 若松高校奨学金事件 ② 奨学金の申請

原告らの保護者は、昭和52年3月29日、全国部落評放運動連合会(以下全解連という)若松支部の田中学支部長、今井 […]

続きを読む


No Image
● 17年07月11日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №191 若松高校奨学金事件 ① 全解連波打支部の結成

若松区稲国地区に部落解放同盟(以下解同と略称)が結成されていたが、波打地区には解同は結成されていなかった。昭和 […]

続きを読む


No Image
● 17年07月01日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №190 同和保育所事件⑨ おわりに Ⅱ

田中かよ子さんは今問題の木村政男解同書記長のいとこである。田中さんが頭を下げればいつでも紫町市民館保育所にもど […]

続きを読む


No Image
● 17年06月21日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №189 同和保育所事件⑧ おわりに Ⅲ

判決は裁判官が書く。従ってその裁判官の心を捕えない限り裁判には勝てない。そしてその裁判官は石川達三の「青春の蹉 […]

続きを読む


No Image
● 17年06月12日 ひょうきん弁護士

ひょうきん弁護士2 №188 同和保育所事件⑦ 田中さんの訴え Ⅱ

「『朝の体操の音楽が流れると、お母さん一緒にしよう』と云い、無邪気な樹の横顔を見てはかわいそうで陰で泣いたこと […]

続きを読む