jocular-lawyer
● 17年09月01日 ひょうきん弁護士

“ひょうきん弁護士2 №196 若松高校奨学金事件 ⑥ 証言Ⅱ 窓口一本化の変更



仰木課長の証言は続く。

(私)北九州市と同じような方針をとっている地方公共団体がございますか。

「北九州市で方針を決めます場合には、他の都市の例もございますけれども、北九州市の実態に一番合致した方法でもって、そして市民の合意の得られるような方策でもって決められるというふうに考えております」

北九州と同じような、私たちは、これを窓口一本化といっておりますが、こういう方針をとっておりましたが、その後、この方針は誤っているということで改めた地方自治体がありましてね、知っておられますか。

「存じません」

例えば、八鹿高校事件が起きた兵庫県、ここは自民党の知事さんだと思いますが、今までの窓口一本化は誤っていたということで改めておりますが知りませんか。

「 存じません」

(甲第六号証を示す)201ページには、兵庫県が、「同和行政に関する兵庫県の考え方」ということで同和行政は、対象地域の人々に、できるだけ等しく行政効果が行きわたるよう努力しなければなりませんということで、今までのやり方を改めた文書を発行しています。ごらんになったことはございませんか。

「今拝見いたしました」

194ページには、羽曳野市長が、「公正・民主的な市政を推進するために」ということで同和事業の窓口一本化は、憲法、自治法、答申に違反するといって、今までの窓口一本化を改めたことがあるんですがそういうことを全く知りませんか。

「はい、知りません」

市は、窓口一本化が正しいと思って推進しているんでしようが、日本全国で、そういう方針をとっておったけれども誤っていたということで改めた地方自治体もあるわけですが、そういうふうな調査をしないんですか。

「私が所掌しますところではいたしません。私が所掌しております進学奨励金の、この制度につきましては、従来、先程申上げましたような方針で実施してきておりましたし北九州市の実情からみて部落差別をなくすために一番いい方法だと、こう考えて実施をしておることでございます」。

その方針がおかしいといって本件の原告のように争っている人たちがいるわけでしょう。しかるに、あなた、よそがどうなっているのか全く調べないんですか。

「原告の方々には、関係団体を通じて申請をされ、要件に合致するかたであれば支給の対象になるということを十分説明いたしております」

(質問の答えになっていない)


<< >>

  • WEBで簡単仮予約

  • 相談予約時間

  • Q&A

    相談予約時間
    借 金 交通事故 労  働 離  婚 相  続 後  見 刑事・少年
  • ひょうきん弁護士

    ひょうきん弁護士

    安部千春弁護士が、10日に一度、自分の活躍を面白可笑しく書いています。

  • 事務所だより ダウンロード

    事務所だよりダウンロード
  • Count per Day

    • 230595総閲覧数:
    • 38今日の閲覧数:
    • 22今日の訪問者数: