jocular-lawyer
● 18年12月21日 とんとん日記

とんとん日記10



早くもとんとん日記10回目。やはり10日に1回は早いです。ですが、ちらほらと依頼者の方々や弁護士仲間から「読んでるよ~」と言われると背筋が伸びる気持ちになります。皆様、貴重な時間を割いていただきまして誠にありがとうございます。

あっという間に2018年が終わって、2019年が始まる・・・。毎日、毎週、毎月何かに追われながら必死で駆け抜けているので、とにかくミスをしないように時には立ち止まって深呼吸をして落ち着かなければと思います。

2019年は弁護士20年目の年となります。新人の頃、何年もかかって子の引渡しを受けた事件のお子さん(当時、赤ちゃん)がもう高校生になっていたり、「先生と会って帰ったときのお母さんの笑顔が好きです」と涙が出そうなお手紙をくれた小学生の女の子がもう大学受験だったり・・・。いやー、おばちゃんも年を取るはずだよねのセリフがついつい出てしまいます。15才の薬物事犯の少年はもう35才になっており、ときどき「近くのパチンコに来たから~」と予告もなくあらわれます。なぜか偶然、私も事務所にいるという不思議なご縁。

いつも思うのが、弁護士と出会うということは、それぞれ人生の辛い局面にあるとき・・・の方々がほとんどです。だから「私に会うと、あのときの辛いことを思い出さないかな。申し訳ないな」と思うことも正直あります。ですが、「いやいや、あのとき一緒に闘った同志だから」みたいに言っていただけて、ありがたいものです。

これからも人とのご縁を大切にしながら、人生の困ったときに一緒に伴走する弁護士でいられるように真摯にがんばっていきたいと思います。

なお、さすがに1月1日の更新が無理なので、次回は1月11日でお願いしたいと思います。今年もありがとうございます。そして年が明けてからは、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


<< >>