jocular-lawyer
● 19年09月02日 とんとん日記

とんとん日記 30



久しぶり過ぎて申し訳ございません。体調が悪かったとか、海外旅行に行っていたとかは一切なく、単純に締め切りに追われ続けておりました。ところで、皆さんはどんな夏休みでしたか?学生さんでもない限り、夏休みって感じではないかもしれませんね。ちなみに事務所はお盆休みでしたが、私は法テラスの相談担当や事務所外での打ち合わせでお盆も働いていました。

そんな中での一大イベントは20年ぶりに同期の修習生だったみんなと京都で再会したことです。裁判官、検察官、弁護士とそれぞれ時を重ねてきたわけですが、中身は相変わらずでした。酔ってすぐ寝る人、アイドルオタクの人、弾丸のようにしゃべり続ける人、その個性を維持し続けていました。一泊した翌日、私は一人修学旅行を決行。一保堂というお茶屋さん本店でお茶をいただいて、二条城へ。子どものときは何も感じませんでしたが、大人になって見学すると、殿様の権力に圧倒されました。何もない時代に大きな御殿やお城を建てて、多くの家来を従えて・・・。京都から足をのばして滋賀県の彦根城へ。ひいひい言いながら石段上って、天守閣の階段はなんと62度の傾斜。上って降りて体力を使い果たしました。

彦根城は20年もかけて完成したのだそうです。彦根城の博物館には井伊直弼は茶道を極めており、茶道具を自分で作るほどだったと展示されていました。井伊直弼が亡くなったとき44歳だったとあって、「歴史で習ったときはかなりおじさんだと思っていたのに、私より年下なんだ・・・。」と衝撃を受けました。なんでもかんでも急がなければならず、慌ただしい現代ですが、時にはお茶をいただいて、歴史を振り返って激動の時代を生きていた人たちのことを考える時間は大切だなと思いました。


<< >>