jocular-lawyer
● 19年02月01日 とんとん日記

とんとん日記13



あっという間に2月です。「気づいたら年末が来そうだ」と思ってしまうほど本当に毎日時間がありません(いくら何でも年末は来ませんね、ちょっと大げさすぎました。反省)。受験生の頃は「大人になったら、もう少し時間に余裕があるかな」と思っていたら、大人になった方が「嵐」のように時が過ぎ去ります(ここで「嵐」って書いてしまった・・・。毎日、映像みてしまったからでしょう。記者会見の対応に「なるほど、この質問にはこんな回答なんだ」と学びました。すごいなあ、嵐。)

2月といえば節分、バレンタイン。子どもの頃、節分の日は祖父がお菓子をまいて、それを家族みんなで拾い集めるイベントをしていました。何それ?何のために?と思う方もいらっしゃると思います。実は「その部屋の電気を消して真っ暗にして、気配やお菓子の音を頼りに拾い集める」というのがお愉しみポイントなのでした。子どものときから当たり前のようにしていたのですが、周囲の人は「そんなの知らない」と言っていますので、我が家独自すぎるイベントなのかな。鬼は外~福は内~では終わらない不思議イベントを子どもの頃は続けておりました。楽しい思い出です。

さて、バレンタインですが、中高生の頃は「なぜ友達はわざわざ固まっているチョコレートをとかして、また固めるのか」と疑問で仕方なく、自分の好きなチョコレートを買って自分で楽しむという今の時代を先取りしていた私でした。西日本新聞の見出しによれば、「本命→義理→ご褒美」チョコなんだそうです。

いわゆる「ご褒美チョコ」をぶれずに続ける私ですが、かわいい手作りチョコをいただいたときは周囲に自慢してまわっています(自分は作らないけど、もらうと嬉しい!ホワイトデーのお返しをいろいろ考えるのも楽しい!)

寒いし、あっという間だしの2月ですが、イベントのたびに気分を楽しくして乗り切っていきたいと思います。


<< >>